リトルリーグ概要

リトルリーグの歴史

世界のリトルリーグの歴史

105の国と地域、270万人の選手、100人のボランティア
リトルリーグの歴史は、1939年(昭和14年)6月からはじまりました。
現在リトルリーグの世界本部があるアメリカ・ペンシルベニア州ウイリアムスポートに住んでいたカール・ストッツという人が、近所の子供達12人でチームを結成したのがはじまりです。はじめの頃は、野球の好きな9歳から12歳までの少年で作られたわずか3チームの小さな団体でしたが、アメリカ各地に仲間が増えるにつれて、「品性と勇気と誠実」の野球少年団はいつしか「リトルリーグ」と呼ばれるようになり、やがて世界にも広がりはじめました。
そして1947年(同22年)には、第1回のワールドシリーズが開催されました。
現在、ワールドシリーズに使われているラマダ・スタジアムは、1960年(同35年)に寄付されたものです。

1964年(同39年)7月16日、ジョンソン大統領の署名によって連邦政府認可の法人として成立したリトルリーグはアメリカのボーイスカウト活動、青少年赤十字団などと並んで立派な社会活動の団体として認められることになったのです
こうしてリトルリーグは世界中に広まってゆき、2003年度の加盟は、105の国と地域となり270万人の選手、100万人のボランティアが参加しています。

ワールドシリーズは,毎年、このウイリアムスポートで開催されています。2000年までは国内予選、地域予選を勝ち抜いた米国4チーム(東部、南部、西部、中部)と、国際4チーム(極東、中南米、カナダ、欧州)の計8チームで争われていました。 しかし、2001年からは使用球場が増設されて2つとなり、参加チームは倍増されました。つまり、米国8チーム(北東部、西部、五大湖、中部、中東部、北西部、中西部、南東部)に国際8チーム(アジア、中南米、カリブ、在欧米国人チーム、太平洋、カナダ、欧州、メキシコ)となりました。球場は、従来の「ラマダ・スタジアム」に新設の「ボランテイア・スタジアム」です。
予選は米国、国際各グループ別に行われ、それぞれ優勝を決めます。そのチャンピオンチームで争われるのが「ワールドシリーズ」です。

日本のリトルリーグの歴史

日本でリトルリーグの活動が始まったのは、1955年頃です。 東京の近郊で、わずか5~6リーグの規模でした。 1959年、米国人の飛行士であるMr.Bill Hatchが日本で初めて 正式に国際登録された日本のリーグを組織しました。

1964年は、アジアではじめてのオリンピック大会が東京で開催された記念すべき年ですが、 この年は、アメリカでリトルリーグが誕生してから25周年にあたるため、本部からの呼びかけもあって、 日本リトルリーグ野球協会(現在は全日本リトル野球協会リトルリーグ委員会)が発足しました。

1970年になると、それまでリトルリーグをバックアップしてきた 三井物産 に加えてフジ・サンケイグループが応援をすることになり、全国的な組織として年々拡大して行きました。2006年から明治製菓(株)が新しく特別協賛会社として応援の輪に加わり、全日本選手権大会と全国選抜大会の二つの全国大会は ザバスカップ大会として開催されています。

そして、全日本選手権大会優勝リーグは2007年から日本代表として毎年8月に米 ペンシルベニア州ウイリアムスポートで開催される世界選手権(ワールドシリーズ) に直接出場することになりました。
それまではアジア・太平洋地区大会に優勝しなければ出場できなかったのですが、それが免除されたのです。

世界選手権に日本は62(同37)年から参加。67(同42)年の西東京リーグ、68(同43)年の和歌山リーグ、76(同51)年の調布リーグ、99(平成11)年の枚方リーグ、2001年の優勝東京北砂リーグ、2002年は世界2位仙台東リーグ、2003年の優勝武蔵府中リーグ、2007年は世界2位東京北砂リーグ、2010年の優勝江戸川南と、2012年の優勝東京北砂。過去に8度、世界一になっています。

スポンサー各位&パートナーシップ